のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

広告用の資材に使用

のぼり旗の特性コンクリート製の土台に支柱を立て、支柱には縦長の旗を取り付ける
のぼり旗は遠くからでも目印として利用出来る広告の一つです。

縦長の旗は対候性が高い素材のものが利用されるため、
雨の時でもそのまま設置しておく事が出来、紫外線などに対する耐久性も高いので
設置看板とは異なり、そのままにしておけるなどのメリットもあります。

存在感を出す

コンクリート製の土台に支柱を立てているので、風が強い時でも倒れない
のぼり旗が付いた状態で支柱を引き抜けば回収が出来るなどのメリットも持っています。

交通量の多い場所にある飲食店などの場合、のぼり旗を道路沿いに設置しておけば
遠くからでも目印として利用が出来る、広告内容を見る事が出来るので集客効果を高められます。

使用例は様々ではありますが、目印など所在を明らかにするなどの目的があるのが特徴で、
新築物件の紹介を兼ねて、道路沿いに数カ所設置をして、お客さんを誘導する目的で
利用が行われるケースも少なくありません。

探すために役立てる

看板などの場合は、店先に設置をするのが一般的です。
お店の前に行かないと、看板を目にする事は出来ませんが
不動産広告としてのぼり旗を利用する使用例と同じく、人通りが多い場所や
交通量の多い場所に数カ所設置をしておいて、お店に誘導させる方法で活用出来るのも魅力です。

ちなみに、現代ではインターネットの通販サイトなどを利用して製作を行う事も
出来るようになっており、通販サイトは費用比較が出来るので利用する人も増えています。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.