のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

仕立てについて

のぼり旗の特性 オリジナルののぼり旗を製作にあたり、様々な製法にて作製し
それぞれに応じた価格やメリット・デメリットがあります。

のぼり旗の種類のひとつに「シルクスクリーン」があります。
これは1色に対して1つの版を制作する製法で、色数が増えれば増えるほど
版を作る必要がでてきます。

よって費用がかかる事になるので、基本的には単色が適している事になります。
また、摩擦などにより剥がれやすいのも欠点です。

メリットもあり、大量に枚数をオーダーする際には適しており
退行性に優れ屋外に使用に適する印刷方法と言えます。

優れている部分

耐水性の糊と顔料を混ぜ合わせたインクを、生地の上にのせ
デザインを表現し、インクが多少盛り上がる事もあります。

昇華転写では、先に転写紙にデザインをプリントしておき熱を加える事で
インクの成分を気化させ生地に付着させます。

染めるのとは異なり、繊維の中に染色を行う訳でなく
ポリエステル系の生地を用いて仕立てるのが特徴です。

演出する

こちらは少数でも対応でき価格も抑えられる事ができます。
水や摩擦には強いですが太陽光による色あせには弱い面があります。

本染めは、和の門構えや高級感を演出する際の仕立てです。
伝統的な染色方法により印刷やプリントとは異なる風合いがあり
優しい生地に仕上がります。

生地の奥まで染み込んだ染料は、力強く模様を表現し温かみのあるのぼり旗に仕上がります。

雨で濡れてしまうと染料が流れやすくなる事もあり
室内へ取り込む際は注意が必要となります。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.