のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

のぼり旗の形状について

のぼり旗の特性 のぼり旗は、一般的には長方形のものが広く使用されています。
より目立たせようとすればサイズを大きくすることや、
プリントに工夫を凝らすというのがこれまでの方法でした。

しかし、最近は、より広告の効果を高められるように
形状に違いをつけて特徴を持たした製品が開発され
のぼり旗の種類も増えています。

例えばのぼりの下部を特殊カットしたアールカットがあります。
従来のものと違い下部にカーブがついているので、外観から人目を引ける形です。

柔らかい雰囲気

この丸みを帯びたデザインは、見た目の雰囲気も柔らかいものへと変えてくれます。

また、山切りカットやベースカットもあり、カットに特徴を持たせて
与える印象を変えている製品です。

山切りカットは下部に山形をつけ、ベースカットは下部に三角の角度をつけています。

両者ともラインが入ることで、より視覚に訴えかえられるのぼりです。
このタイプはのぼりが風に揺らめいたときに、美しく見えるという特徴も持っています。

さらに、ヨットの帆に似た形のスイングバナーも人気のある製品です。
帆の形で爽やかな印象をあたえられるおしゃれなのぼり旗です。

この他にも、業者に依頼するとのぼりの端をギザギザやウェーブ型に
カットするような、特殊デザインのものも作成可能です。

最近では商品の形に合わせて、のぼりの形状を作れるものも出回るようになっています。

印象

このように形状を変えることで、顧客の目により強く印象を起こせるような
視認性の高いのぼり旗が開発されています。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.