のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

大相撲興行会場

のぼり旗の特性のぼり旗は長方形の布地などにお店の名前などを記載したり、
不動産物件の案内の目的で、オープンルームなどの文字を記載して
道路脇などに設置し、広告として利用する事が多いものです。

縦長の布地は竿に取り付けるための紐が上側と横側に付いていて、
竿はコンクリート製の土台に挿入して利用するのが特徴です。

布地は耐光性や耐水性が高い素材のものを利用するので、屋外で使う時でも安心です。

不動産物件の案内などでものぼり旗を利用するケースが多くありますが、
中には面白い使用例もあります。

入り口の目印

大相撲が開催される会場の中に、力士の名前が刻まれたのぼり旗が設置してあり、
大相撲を見学しに来たお客さんへのアピールを行うなどの使い方をしているケースもあります。

ちなみに、のぼり旗には力士の名前だけではなく、スポンサーの名前が記載されているケースが多くあります。

大相撲はテレビ中継で全国の茶の間に相撲の取り組みなどのシーンを放映していますが、
この時スポンサーの名前などがテレビに映る事で企業アピールにも繋がります。

これは会場に訪れたお客さんだけではなく、相撲を見ている人々への宣伝効果も
期待が出来るメリットに繋がっています。

多用途に使える

会場の中に使う事で、多くの人々に対してアピールや宣伝が出来るわけです。
これは、相撲だけではなく、野球やサッカーなどの試合の場合も
テレビ中継が行われる事で、その場にいない人に対しても
宣伝効果を期待出来るなどのメリットを持っています。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.