のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

のぼり旗の色・蛍光性について

のぼり旗の特性のぼり旗を設置する理由は、人を惹きつけるためのもので、
それが掲げてあることで人の興味を得ることが可能となります。

交通標識や集客したい飲食店、各種イベントが盛大に行われている場合の
演出面において、それを活用することは優れています。

その制作にあたっては、記載するデザインの他にも色合いが重要視され、
比較的に蛍光は輝きが周囲よりも増すことで人を惹きつける効果を
生み出すことができます。

実際に蛍光タイプののぼり旗の場合、一般的な旗と違って約2~3倍程度の
視認性が存在し、可視光線を反射するのと同時に違った波長の光まで
反射をすることが可能です。

メイン

またブラックライトで照らすと光る傾向性があるため、夜間などでも
うまく利用することで綺麗に見えることもあります。

従って、絶対に人に注目を浴びたいとするケースで人をより惹きつけて
鮮やかな感じにしたいケースでは蛍光ののぼり旗が重宝されます。

蛍光色の種類には幾つか存在しますが、一般的にはイエロー、ピンク、
オレンジ、グリーンがメインで他にもパープル、ブルーでも対応可能です。

カラー

よくマジックなどで蛍光タイプのインクが販売されていますが、
それらの種類を網羅していることが多いです。

のぼり旗の制作会社では、その蛍光タイプを制作できる様に対応していますが、
その場合、蛍光を選択すると一色増しの形で対応していることも多いです。

もちろん一般のタイプよりもその分だけ料金が割高になりますが、
生地はテトロンポンジを選択することとなります。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.