のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

のぼり旗のサイズについて

のぼり旗の特性 のぼり旗のサイズにはいろいろなものがあります。
一般的なサイズとして例えば600mm×1,800mmがあり、
通路が狭い屋内通路などの設置場所が狭い場合、450mm×1,800mmがよく利用されています。

900mm×4,000mmのジャンボサイズのポールなども市販されており、
ホームセンターなどで購入することが可能です。

他にもいろいろな大きさがあり縦方向が少し短めになると、450mm×1,400mmや
450mm×1,600mm、600mm×1,400mmや600mm×1,600mmなどがあります。

他にもさまざまな大きさがあり、クライアントの希望やニーズに応じてアレンジすることが可能です。

ニーズ

規定されている大きさは特にないでしょう。
のぼり旗をあげる際に使用するポールの場合、450mm×1,800mmや
600mm×1,800mmのものが一般的に使用されており、良く見かける大きさです。

ポールもホームセンターなどで購入することができ、
2段伸縮で3メートルのものが使い安いといわれています。

好み

伸縮しないタイプの3メートルのポールもあり
ユーザーの好みで選択することが可能です。

ポールにもいろいろな種類の素材があり、価格もさまざまなものがあります。
のぼり旗を利用することで、店舗の商品やサービスをアピールすることができたり
遠くからでも認知されることができ、車に乗車している人にも
店舗を知ってもらう良いきっかけとなるでしょう。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.