のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

のぼり旗防炎加工について

のぼり旗の特性のぼり旗は店舗前などに掲げられアピールするための存在で、
それが存在すると店頭などでも華やかなイメージを与えることが出来るとして
商売をする上では重宝されます。

人が見た時に販促効果も高くなり、それが掲げられていることで
安心して商品を購入できたり店舗に入ることができる様になります。

様々なシーンでも活用されることが多いのぼり旗の種類には
防炎加工の処理を必要とされるケースもあり、炎が燃え広がりやすい場所では
消防法によって防炎加工を施したのぼり旗にする必要があります。

シーン

実際にはそれを証明されるために生地にシールが付くことがあり、
それを見ることによって法律に則っていると証明する形になります。

主にその処理を必要とされる場所は、商業施設で主に不特定多数の人が
出入りされる建物や店舗です。

多くの人が訪れる

防炎加工を施したのぼり旗の効果は、実際に火が燃え移っても
それが燃え広がらない特徴となっており、近くで火事などがあった場合に
燃え移りにくい性質を持っています。

火が燃え移っても火力によっては燃えますが、通常に比べて
燃え広がりを抑制している効果があります。

つまり延焼の危険性を大幅に抑制することが可能で、
それによって火災を最小限に食い止めることができます。

なおその制作にあたっては、財団法人である 日本防炎協会の
認定試験に合格することと、消防庁長官の登録表示者としての
登録を受けることがポイントで、それがないと一般に販売することができないです。

web上でも制作会社によっては、それを制作することができる会社もあります。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.