ホーム   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   公職選挙法   蛍光色   撥水加工   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

屋外にのぼり旗を設置する場合におすすめの加工

のぼり旗を設置するのぼり旗を使ってお店の商品やサービスをアピールする時には、
店の外に立てておくことが多いのではないでしょうか。

のぼり旗を店の入り口や周辺に設置しておけば、道路を歩いている人や
車などで通行している人の目に留まりやすく、売っている商品や
扱っているサービスに興味を持ってもらうことができます。

ところで、のぼり旗を屋外に設置する時に気を付けたいのは、
雨に濡れることで生地が傷んでしまい、広告内容がキレイに見えなくなるといった劣化の問題です。

雨が降ってくる度に旗を屋内にしまうこともできますが、
それでは雨の日には広告効果が期待できなくなります。

そこでおすすめなのが、撥水加工が施されたのぼり旗を選んで、
雨の日でも問題なく出しておけるようにすることです。

雨に備える

撥水加工がしてある生地で作った旗だと、雨が降っても水滴を弾くため、水が染み込むことがありません。
すると水に濡れて旗が垂れ下がるといったこともなく、雨の中でも文字やデザインが見やすいというメリットが得られます。

また、この加工によって水を弾く旗だと、通常の物よりも長持ちするという
利点があるので、一枚一枚の旗を長く使って広告費用を節約したいという
ニーズも叶えられる可能性があります。

キレイなのぼり旗を立てておけば好印象が与えられる

撥水加工ののぼり旗を使うのがおすすめの理由には、水を弾ける生地で作った旗は
雨水だけでなく泥水なども染み込まないため、清潔感のある見た目が保てるということも挙げられます。

商売をしている人なら、お店に清潔感があるということが集客にとって
非常に重要であるというのは誰もが認める所ではないでしょうか。

特に飲食店を経営していて、おすすめのメニューをのぼり旗で宣伝している場合などは、
雨が降っても濡れてぐしゃぐしゃにならない旗はお客様へ好印象を与えられる点が魅力となるでしょう。

いくら美味しいメニューを出していても、外観が清潔に見えないと
お客様は入ってきてくれないものです。そのため、店の宣伝をするのぼり旗に関しても、
汚れやホコリなどがついていない方が良いイメージを持ってもらえる可能性が高くなります。綺麗を保つ

飲食店だけでなく、野菜や果物などを販売している店を宣伝する場合にも、
撥水機能によって水などが弾かれて汚れにくい旗はおすすめできます。

例えば、通行している車が泥水をはねさせた時にもその泥水を弾けることが
期待できるため、道路の近くに旗を立てる必要がある場合などには
特にこの加工は重宝するはずです。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.