ホーム   生地   のぼり旗のサイズは様々   例えばのぼりの下部を特殊カット    のぼり旗の色・蛍光性   防炎加工のぼり    プリント   仕立て
   のぼり旗を道路沿いに設置    大相撲   名前が入った歌舞伎のぼり   公職選挙法   蛍光色   撥水加工ののぼり旗   要望に応える業者   ブライダルフェアのぼり   改装セールに活用   大きなサイズののぼり旗   自身でデータ入稿する   生地デザイン   コロナの安全対策   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

生地に印刷したのぼり旗

のぼり旗を設置するのぼり旗は、竿で上辺を吊り下げるために風がなくても旗の面を見せることができるものですから、屋外屋内に限らずさまざまな場所で宣伝広告のアイテムとして用いられています。

このため、のぼり旗を作る業者も多くあり近年はインターネットで注文を受け付けることで格安で手に入るものも増えています。

売られているのぼり旗の種類としては、既製品とセミオーダー、フルオーダーの
3種類があり、既製品はすでに図柄が印刷されたものです。

のぼりの既製品のデザイン

一方でセミオーダーでは既製品に追加してお店の名前などを書き込むことが
できるもので、フルオーダーは1からデザインを考えて作るものでオリジナルの
のぼり旗を作ることが可能です。

特にセミオーダーとフルオーダーが可能になったのはパソコンでデザインを行い、
それを大型のインクジェットプリントを使って図柄をプリントすることができるようになったからで、
これによりさまざまな生地に対して時間と費用を抑えて作ることができます。

格安のぼり旗の品質は

のぼり旗は昔と比べると費用を抑えて手に入れることが可能になっており、
格安で販売されているケースも多いものです。

費用を抑えたのぼり製作

しかし気になるのがその品質ですが、のぼり旗としての機能としては十分に果たせます。

格安ののぼり旗に見られるインクジェットプリントを使った方法であっても、
色を塗り重ねるシルクプリントであっても印刷方法に違いはあっても耐久性に違いはありません。

耐久性を左右するのは、インクの種類や旗の生地の縫製方法などです。
インクに関してはその性質上、色あせすることは避けられないものですし、
また風に吹かれることで端の方が解れてきますが、これも縫製で改善することができます。

いずれにしても、のぼり旗は屋外に設置されることが多く消耗品であるため定期的な交換が欠かせません。

この時に新しいデザインのものを購入する方法もありますが、データを保存しておけば
違う業者に依頼しても同じようなのぼり旗を簡単に作ることができます。

Copyright(c)  たくさんある「のぼり旗」の種類にスポットライトを All Rights Reserved.