ホーム   生地   のぼり旗のサイズは様々   例えばのぼりの下部を特殊カット    のぼり旗の色・蛍光性   防炎加工のぼり    プリント   仕立て
   のぼり旗を道路沿いに設置    大相撲   名前が入った歌舞伎のぼり   公職選挙法   蛍光色   撥水加工ののぼり旗   要望に応える業者   ブライダルフェアのぼり   改装セールに活用   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

閉店セールは売上を上げるチャンス

のぼり旗を設置する開店セールに匹敵するほどの集客を期待できるのが閉店セールです。

ユーザー側からすれば普段は利用しない店舗であっても、閉店を告知されると焦ることが少なくありません。

人は期間限定という言葉に弱く、今しか購入できない、このチャンスを逃せば次はない、などと考えることで
購買意欲が湧いてくる性質があります。

閉店セールをするときは、のぼり旗を使用して宣伝するのがおすすめです。
新聞の折込チラシ、公式ホームページでの告知などは役立ちますが、
これらを見ない人にものぼり旗は効果を発揮します。

のぼり旗の特性

街行く人や道路を走っているドライバーに対してアピールができ、
相手の印象に残すことができます。

閉店する旨を認識した人達は、その場では入店をしなくとも
仕事帰りなどに立ち寄ってくれる可能性があるのです。

相手に印象づけることが大切になるので、のぼり旗はなるべく
シンプルかつ目立つものを選びましょう。

閉店という文字は大きくし、さらに背景色との配分にこだわって目立つようにします。

道路標識では黒と黄色の組み合わせがよく活用されますが、
これは最も相性がよい色だからです。

うす暗い状況でも認識しやすく、それが事故防止につながるのです。
のぼり旗を設置する場合も、まずはひと目を引くカラーとデザインがポイントになります。

なぜ閉店と開店セールを並行するべきなのか

閉店後は新規開店をすることで、新しい顧客を呼び込める可能性が高いです。
人は新しいものを好む性質があり、特に日本人はその傾向があります。

のぼり旗で改装セールや開店アピールをし、効率よく集客しましょう。
閉店と開店はセットで考えるべきであり、それは閉店時に入店してくれたお客様は
新規開店の際にも来てくれることが多いためです。

新規開店のぼり

両者を合わせて考えることがマーケティングの基本であり、
閉店時にいかに大勢を呼び込むかが、開店の売り上げに直結してきます。

のぼり旗で宣伝をするときは、改装セール・開店アピールを並行するのがポイントです。

のぼり旗を効果的に活用すれば、口コミによる宣伝効果を期待できます。
例えばセール告知を見た人が家族に伝えれば、宣伝の相乗作用が生まれるのです。

のぼり旗による宣伝手法は昔から活用されており、費用を抑えつつ
口コミ効果を最大限に発揮させられます。

どんなに売り上げを伸ばすことができても、それ以上に宣伝費用をかけていては
赤字になる可能性があります。

費用対効果を上げることが大切ですから、宣伝をするときは
コストと集客効率を天秤にかけて考える必要があるわけです。

閉店と開店セールを組み合わせれば、年末年始に匹敵する
集客効果を期待できる場合があります。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.