のぼり旗トップ   生地   サイズ   形状       防炎加工    プリント   仕立て
   広告    大相撲   歌舞伎   サイトマップ

 


有効に使いたいのぼり旗

TOPページ:たくさんある「のぼり旗」の種類

のぼり旗の特性 のぼり旗には様々な種類があり、基本の形から個性的なものまで
用途とアピールポイントから選ぶことができるのです。

スタンダードな形状の「のぼり旗」は、コンビニや商店街やイベント会場でよく見かけるタイプです。
桃太郎旗とも呼ばれ、通常のサイズは、高さは180cm幅60cmで
高さとサイズ的にも親しみやすく、看板として視認性が高い安心感のあるタイプです。

形状

「スウィングバナー」は、ヨットの帆のような形状の変形のぼりです。
「ピーチフラッグ」とも呼ばれ、通常ののぼり旗の上部が湾曲されており
お洒落で美しいデザインが特徴です。

「棒袋のぼり」は、印刷面とポールをつなぐ部分が棒袋状に仕立てられているタイプで
プリントの面が通常のタイプよりも広く見た目もお洒落です。

タイプ

上部が固定されているため、耐久性が高いことが特徴です。
「両面プリントのぼり」は、表と裏の両面に印刷された高い販促効果が期待できるタイプです。

両面に同じ名入れをすることも、別々の印刷をすることも可能です。
たとえば、片面に店名、片面にはメニューやアピールポイントを入れるなど
高い自由度があるタイプです。

「ストリームフラッグ」は、通常ののぼりの良さを受けつぎながら
上部が丸い独特の形状で印刷面が太く、視認効果を高めているタイプです。

注目を集める個性的な形で、視覚的なインパクトが高く、
ポップで個性的な印象をアピールすることができるタイプです。

「Pバナー」は、「パピヨンバナー」とも呼ばれ親しみやすい曲線が特徴のポップなのぼりです。

ポールの布が通る部分が湾曲してアーチ状になっており、
はためきを抑える構造なので視認効果も高いのです。

それぞれののぼり旗は、基本となる形状に加え、使用する素材や
デザインを選ぶことで印象も変わります。

さらに豊富で多彩なバリエーションと種類が生まれるのです。

Copyright(c) のぼり旗の種類 All Rights Reserved.